HPプレパークは直貼り用フローリングです。下記の要領に従って施工して下さい。

まずはじめに

HPプレパークの特徴

サイズ/厚み10mm×123.5mm×458mm 16本ピースです。
アルミワイヤーによる長手ジョイント+発泡ポリエチレンクッション材つきになります。

下地検査のポイント

  1. 1コンクリート下地の場合含水率10%以下になるまで十分な乾燥時間を取って下さい。
  2. 2不陸は150mmあたり1mmを超えないようにして下さい。
  3. 3表面のゴミ、ホコリは、ほうき、掃除機等で清掃して下さい。

施工ポイント

1墨だし、割り付け
貼り始め部分と貼り終わり部分に細かいピースが入らないように、割り付けして下さい。
2貼り始めを作る
割り付けに従い貼り始めピースを台付丸鋸を使用し、カットして下さい。
※小片ピースが飛び危険が伴うため、安全カバー、保護めがねを使用して下さい。
3接着剤塗布
2液型エポキシ接着剤を使用して下さい。
主剤:硬化剤1:1で十分に攪拌し、専用のクシハケを使用して下さい。作業場所を確保しながら塗布し乾燥接着がないように施工して下さい。塗布量は、モルタル下地で500〜600g/M2合板下地で400〜500g/M2を目安として下さい。
4貼り込み
2で作った貼り始めから貼り込み、半ピースずらしながら施工します。貼り始め、貼り終わりは、実の連結がないため、しっかり押さえ込んでください。貼り終わりは、巾木を傷つけないように注意しながら貼り込んで下さい。

養成ポイント

12時間以上 立ち入り禁止として下さい。
養成シート、ベニアを敷く場合は、キズ防止のためプレパークとの間にゴミ、ホコリがないよう清掃してから敷き詰めて下さい。